経済産業大臣から「第1種並びに第2種特定商品市場類似施設」開設についての許認可を受領致しました


弊社は、11月15日付で、経済産業大臣から「第1種並びに第2種特定商品市場類似施設」開設についての許認可を受領致しました。

これにより、弊社は、今後、OTC取引においてこれまでの現物取引に加えて、スワップ取引やオプション取引といった商品デリバティブ取引の仲介が可能になりました。原油・石油製品に加え、電力、石炭、LNGや都市ガス等まで含めて網羅的に開設許可を得た初の事例となります。

【特定商品市場類似施設の概要】

  • 特定商品市場類似施設について
    • 特定商品類似施設とは、商品の売買等を行う事業者 (当業者) や金融機関等が参加者となり、事業者の商品価格変動リスクをヘッジするデリバティブ取引を行う施設のことを指します(取引所とは異なり、個人投資家は取引には参加致しません)。
  • 対象となる商品
    • 第1種特定商品 (非上場商品) : ナフサ、重油、LNG、都市ガス、LPG、石炭
    • 第2種特定商品 (上場商品) : 電力、原油、ガソリン、灯油、軽油
  • 取引参加資格
    • 当施設においてのデリバティブ取引の参加資格は、対象となる商品及びその関連商品の売買等を業として行っている法人 (当業者)、または金融機関等の法人で弊社と仲介契約を締結頂いている事業者様に限ります。

上記についてご質問等ございましたらお問い合わせページよりご連絡ください。

以 上